合コンで異性に慣れろ!

出会いがほしい。
そういった人に一番手短なのが合コンです。
一昔前なら合コンをセッティングするのは大変でした。
友達に頼み人を集めて場所を時間をセッティングしなければなりませんでした。
しかし、現在なら手短に合コンができます。
相席居酒屋に行けば、そういった手間をなく合コン出来るのです。
しかも盛り上げるツールもきちんと装備されているのです。
金額は女性無料で男性は一時間約3000円くらいです。

異性に慣れるには、やはり場数が必要となってきます。
人との出会いに向き不向きなど関係ありません。
この人に嫌われたらどうしようとか思って気を使う必要などないのです。
うまくいかなければ2度と会うことがないので日頃の自分をさらけ出せばいいのです。
と簡単に言ってもなかなか難しいものなので、ここでは大人数の合コンではなく比較的少人数の合コンの基本的な手引きを語りたいと思います。
合コンの腕を上げるには大人数の合コンよりも少人数の合コンの方が盛り上げる方法を手っ取り早くつかみやすいです。
自分は人見知りだから駄目だろうとか向き不向きがあるだろうとか関係ないのです。

また、会社での付き合いでも参加させられる事もあるかもしれないので、同世代問わず気をつけなければならないことを伝えます。
まず異性が席についた時は笑顔を見せて「初めまして、よろしく」と話しかけます。
人は第一印象でほぼ決まります。
話す内容は「きどにたちかけし衣食住」と頭にいれておきましょう。
季節道楽(趣味)ニュース旅(旅行)知人健康家族仕事、衣食住の頭文字を取った言葉です。
この話題ならば世代、異性問わず、共通の話題にもっていきやすいです。

あと、男性の場合、清潔感が大切で見た目はかっこよくなくても極端に太っていなければ大丈夫です。
女性が男性を友達か恋人がに分ける境界線として尊敬できる甘えられる包容力がある。
この3つのうちに2つあれば、かなりの可能性が出てきます。
尊敬できる面とは、人とは違うほめ方が出来たり、たまに感動する事が言えたり、ユーモアも含まれます。
甘えられるは外見要素も多少あるかもしれませんが普通で大丈夫です。
包容力は色んな意味で包み込んでくれる人をいいます。
全員に好かれる人なんて存在しません。
とにかく場数を踏むことにより、慣れて自信を持つことが一番大切だと思います。
自分の事を気に入っているなら自然と相手は笑顔が多くなり、テンションも上がるので、最後にラインを聞きましょう。